埼玉県北朝霞駅から徒歩7分・朝霞台駅から徒歩10分 黒須税理士事務所は会社設立・独立開業・経理作業をサポートします

黒須税理士事務所

お問い合せはこちら

営業時間 9:00〜19:00

ブログ

確定申告で寡婦控除受けていますか?

朝霞の税理士・行政書士の黒須です。

今回も、確定申告直前、所得控除のうちの一つ寡婦控除についてです。
寡婦というと馴染みがない言い方ですが、シングルマザーの方のための所得控除です。

控除額は、27万円になります。また、あとで説明しますが特別寡婦に該当する方は35万円がその年の所得から控除できます。

ご主人が他界された高齢の女性でも要件を満たせば適用可能ですが、控除を受けていない例が多く見られます。
ぜひ、下記の要件を確認して控除を受けましょう。

寡婦控除が受けられる方は次のパターン①か②になります。

 

まずパターン①です。

本人(女性)に扶養親族がいる又は総所得金額等が38万円以下の生計を一にする子がいる

はい              いいえ → パターン②へ

夫と離婚、死別、夫は生死不明であり、その後婚姻していない

はい              いいえ → 適用できない

適用できる(所得制限なし)

 

パターン②

合計所得金額が500万円以下である

はい              いいえ → 適用できない

夫と死別又は夫は生死不明であり、その後婚姻していない ※離婚はNG

はい              いいえ → 適用できない

適用できる(子を有しなくても適用できます)

 

上記要件を満たして寡婦に該当する方は、次の特別寡婦に該当するかも確認しましょう。

特別寡婦とは、寡婦に該当する方が以下の要件のすべてに該当する場合です。

・夫と離婚、死別又は夫が生死不明であり、その後婚姻していない

・扶養親族である子がいる

・合計所得金額が500万円以下である

パターン①と②を組み合わせたような要件です。

ぜひご検討ください。

お問い合せはこちら